寛容 と 自分らしさ


不寛容 = イントレランス

1910年代、映画創成期のハリウッド映画に「イントレランス」ってありましたね

子供の頃、観ましたが理解できませんでした
大スペクタクル巨編でした




2000年代に入り、個人情報保護法だかコンプライアンスがナンタラだか激しい時代となりました。
不景気によるリストラも相まって、セクハラ・パワハラしないように、極力目立たないように、他者と関わらないように、自分がリストラ対象とならないよう時に密告し、無関心でありかつ不寛容になってきたように思います。

サラリーマン時代の同僚などと話すと、人間関係の希薄さをよく聞きます

なんだかその頃から向精神薬も気軽に氾濫してきた気もしますね




田舎の町内会の役員ってのは、一軒家で勤め先が公務員とか大企業(地元では)とか地主とか、そんなご立派な連中が多いと思うのですが、我がブラック町内会でもその傾向が強いです。

実は彼らはここ10年20年のそんな「生き馬の目を抜く」時代を生き抜いてきた猛者たちなのです
自身が生き残るために他者を貶め、競争を勝ち抜いてきて今がある、のかもしれません

文句は言うが手は差し伸べない
(サイテーだな)

根底に「男たるもの」という昭和な発想が見え隠れします
(古き良き昭和の厳しい部分だけ?)
ストレス社会を生き、ボランティアで町の役員もやって必死でステータスを集めているのか?

なので
私のような独り自営業のブラブラした貧乏人を「許容」することが難しいのかもしれませんね

こちらはこちらで、そんなストレス社会が嫌で独立しているわけですから、相容れないわけです・・
(フルタイムやったら心身持たないし)



自分の手を汚さずに他者を動かしたいと思っている人種なので、その凝り固まった考え方を変えることは難しいでしょう
(なんか変なクスリでも飲んでんじゃねーの?)

逆にこちらもそんな人間に踊らされるつもりはない
(変なクスリ飲んでるけど)




” 寛容と自分らしさ ”

維持し続けることはとても難しいけど

できるだけ努力したいものです






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


関連記事

コメント

kobuchoro

おはようございます😃
この間は、来てくださってありがとうございます😊😊
あまり…と言うか、出来たら関わりたくない人種ですよね。
田舎は…私も田舎ですが、そういう傾向が強い気がします。
田舎じゃなかったらもっと、アッサリしているのではないか?と勝手に思っています。

あと少しあと少しでオサラバだーーーー

でも、また回ってくるんでしょうね(^^;;

ここ数日、暑さも和らぎ過ごしやすいです。
朝晩は風が冷たい。
昨日は、めちゃくちゃ風が強くて、前髪無くなるかと思いました(笑)

たそがれ

Re: おはようございます😃

kobuさーん!

ありがとうございます!

お返事遅くなってスミマセン
m(__)m

土日と町内会のビッグイベントで、酒を浴びるほど飲んで(ヤケ酒?)
月曜はグッタリでした…

ベンゾ少し飲んでから酒飲むから最悪ですよね…
ヒドイもんです

今回の役員は事前の「お願い」がなく、完全に強制だったんですよ!
そんな話聞いたころありません
戦前か!

だから今後は何があっても、ケンカしてでも受けるつもりはありません


町内会はともかく、実は来年PTA役員がどうも回ってきそうで…
今から悩んでいます

なんせ3年間ですので…

ヒマ人扱いされてます
(-_-メ)


また悩み聞いてくださいね!!
ありがとうございます


前髪なくさないようにしてくださいね
(^^)/



非公開コメント

プロフィール

たそがれ

ベンゾジアゼピン アルプラゾラム(ソラナックス)4年の服薬歴を経て、減薬からの断薬に向けて日々試行錯誤しているアラフォー男の魂の記録です

最新情報

カテゴリー