副腎疲労症候群 神話


なんともまぁ
具悪い日々なんです・・

「季節の変わり目」
ってことなんでしょうか?

今年は特に暖かいし、3月の前倒しで具悪いのか?

考えたくはないが、昨年より悪化している?

鍼の効果はもちろんなくなっている。


ビタミンC ナイアシン アミド
マグネシウム マルチビタミン
ビタミンE400 ビタミンA&D
ホエイプロテイン

もうおなかいっぱいです・・
胃腸が疲れています
本末転倒

早くも栄養療法に疑問・・
(医者の指導を受けていないからねぇ)
(医者の指導は正しいのか?)
(正しく指導してくれる医者は何割?日本で数人??)


慢性疲労症候群って何なんだ?
症候群ていろんな症状の総称でしょ?
解明した人が世界のどこにいる?
論文があるのなら見せてほしい
(日本語訳付きで)

なにかと お騒がせ 話題の
『副腎疲労症候群』

こんなサイトを見かけました
↓ ↓
リンク
副腎疲労症候群の真実

一部 拝借
『自由診療の名の下に、医学的に認められていない検査を行い、医学的に認められていない病名を付け、医学的に認められていない治療法を提供しているのです。自己責任という、患者への責任転嫁の下で。

この傾向はアメリカで始まったものではありますが、非常に危険な傾向です。
なぜなら、標準医療で治療出来ない不調を抱えている人々に新しい検査と新しい病名、無意味な治療法を教え込んで荒稼ぎすることが出来ますから。

そして、副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)という病名が一般紙にまで取りあげらるようになり、体調不良に苦しんだ方々が、医師に大金を支払うという非常に悲しい現実を生み出してしまっています。
がんとは違いますが、前述の通りハードワークで身体を壊した高収入のビジネスパーソンをターゲットとした医療ビジネスとして考えると非常に優秀なビジネスモデルでしょう。

懸念すべきは、これからも副腎疲労症候群につぐ、病名が幾つも表れてくるという事です。そして、現在の経済の流れを見ていても明確な通り、今後も医学的な根拠のない医療風検査サービスを導入する開業医は増えていくでしょう。』


ブログ主さんは自力で慢性疲労症候群的な?数々の不定愁訴を克服したそうですが、その方法を語ってくれはしませんでした。
いずれノウハウを「有料」で提供することも考えているそうです。
コメント欄もないので連絡の取りようがなく、たとえ有料でも教えていただきたいところです・・
(お安く頼みます…)

また別のサイトでは、
副腎が疲労している人はビタミンCが不足している
細胞が弱っている

しかし
50代になって年中外食ラーメン、丼物ばかり、全力炭水化物の人が、なぜビタミンC不足にならずピンピンしているのか?
ビタミンCは体内で生成できないのだから、『ビタミン神話』は成り立たない!
と。


どうしましょう・・?

真実なのか神話なのか・・?



関連記事

コメント

アラフィフ女

たそがれさん、こんにちは!栄養療法始めたんですねー。
私もまだプロテインだけですが、
最近やっと1日2回は飲めるようになりました。
そろそろ鉄も追加しようかなーというところです。
ビタミン系やナイアシンはまだ飲んでません。

1~2日に1回半錠のベンゾのお世話にはなりつつ、
気分が落ちないことだけ念頭に過ごしてます。

プロテイン飲んでると確かにお菓子欲求が止まり痩せてしまいました。
まーそれだけでも効果があったということで(笑)

たそがれ

Re:

アラフィフ さん

コメントありがとうございます!

こちらは相変わらず進歩がなくグダグダやっとります…
(ToT)/


そうそう!
アラフィフさん以前、藤川医師の栄養療法のお話してましたよね!

あの藤川チャンも賛否ありますね。
(熱狂な信者の方が圧倒的に目立っていますが)

なんせ効果がなかった人の話は完全スルーですからね~
実際4割は効かない、残り6割の中でもプラセボ(効いたような気がする)も多い、なんて話も。

何を信じればいいのやら・・


サプリメントはもう数年「適当に」飲んでいるんですが、栄養療法ってのを意識しだしたのは最近です。

でも早くも断念しそうです、、
断薬ならぬ断サプです…
(*_*;

もう少し続けて花粉症などの様子も見てみたいところです。

またブログでご報告しますね。


ベンゾは本当に困ったときだけお願いしたいところですが、ズルズル行くのもどうしたものか、と悩みますねー

アラフィフ女

どもどもー!

たそがれさん最近、変なのにロックオンされてるようで(笑)
あまり気にされませんよう・・・。

先日、藤川医師のFBグループ覗いたんですが、速攻退出しました。
いやーーもーーなんかですね、なんていうか、
藤川側近ヒエラルキーによるマウンティングクラブでしたよ。
やっぱ自分の体調と自分の意識に忠実がいいのかなって。ハハハ。

たそがれ

Re: タイトルなし

アラフィフ さん

コメントありがとうございます!

藤川軍団・・そんなことになってるんですね
アラフィフさんも期待していたのにガッカリですね・・

栄養療法の資格がありますよね、その勉強会を熱心にやっている人もいるので、「大金」を払って参加したからには、もう引き返せないのでしょうかね?

理念はいいかと思うのですが、保険適用外の法外な診断料・検査料、そして高額なサプリメントをその病院で買わなくてはならないという「誓約書」でも書かされるのでしょうか?患者さんの悲鳴がちらほら聞こえてきます。

長年の「不定愁訴難民」から更にむしり取るのもどうかと思いますよね。
(ホンモノなら仕方ないですが)

栄養療法は迫害・弾圧の歴史を歩んできた、という悲劇がサンザン語られていますが、世界の医療業界が本当に何十年も迫害したのか、それとも、厚生労働省がいつまでも保険適用にしないし、欧米ではまったく信用度がないという話が本当なのか、よくわかりませんね~
どっかの宗教の話みたいですね。。

カネカのコエンザイム始めてから身体が本当に変わってきましたよ!
プロテイン・マグネシウム・ビタミンたちの下支えもあるのかもしれません。
なので栄養療法もある程度効果は見込めるのかもしれませんが、金カネの話になると困りますね…

もう少し 自己流 でやってみます。

また経過をご報告しますね。

今後ともよろしくお願いします!
非公開コメント

プロフィール

たそがれ

ベンゾジアゼピン アルプラゾラム(ソラナックス)4年の服薬歴を経て、減薬からの断薬に向けて日々試行錯誤しているアラフォー男の魂の記録です

最新情報

カテゴリー