<最新>首こり・肩こり・顎関節症・自律神経失調症解消ストレッチ


現在ネットで検索する際の「検索エンジン」はGoogleの圧勝ですが、最近グーグルの仕様が変わったみたいで、ベンゾに苦しんでいる人々のブログは下位に追いやられ、減薬方法もしらないナントカクリニックや、怪しいまとめサイトなどが上位に来るそうです。
世界的巨大企業の「税金逃れ」への対策が進められようとしている中、Googleも必死で商業的になってきたのでしょうかね。
にしても、グーグル一強だと情報も操作できてしまうので、どっかの国みたいで困りましたね・・



5月は
10連休の不摂生に、草刈り草取りで腰と背中首が異常事態になっております・・
久々に風邪をひいて、ビタミンCはじめサプリのみでなんとかしのぎましたが、まだ調子が悪いです
加えて、PTA関連の過緊張もあり、体調がかなり悪い日々です

PTAにおいて、一つ提案したいことがありまして、一応事前に家族に相談してみたところ、

妻は
「ま、いいんじゃない」

そして、母は
「その場の全員が変えたくても長年のしがらみを変えることは容易ではない。腹の中では思っていても、みんな’いけにえ’になりたくないから黙っている。’言いだしっぺ’が(根回し)をする。そのためにはカネとコネと、もう一つ一番大事な(体力)が必要。今日はうまくいっても、次回具悪ければ進まない・・」
と。

なるほど
クスリ漬けのクセに深いご意見です・・
自分を想ってくれての発言に同意しました。

まだ始まったばかりで既に限界を感じています…が、いろいろ見定めながらやっていきたい、やるしかない!と思います




あるサイトにめぐり逢いましてね

http://mentalist110.seesaa.net/archives/201902-1.html

(一部 拝借)

胸椎、肋椎関節の異常(歪み、旋回、こり)
→首こり、肩こり、腰痛、顎関節症、肋間神経痛
→慢性的な全身(特に頭部)の緊張、頭部への血流阻害
→人と接したりすることによる体の緊張の高まり(これ自体は普通の生理現象)
→胸椎、肩甲骨周辺の筋肉の緊張→肋骨の稼動阻害→肺膨張阻害→息苦しさ
→緊張の閾値突破、慢性的な脳酸欠 →自律神経の乱れ
→パニック症状、自律神経失調症など

ブログ主さんは長年の不調をついに克服されて、独自理論に基づいて惜しみなく提供してくださっています。
内容はイチイチごもっともなので、ぜひ実践してみたいと思います。

このサイトを読んで、「肉体改善」が重要なのだと改めて気づかされました。
自分のこれまでの経緯をみても明らかです。
糖質だのビタミンだの副腎だの、の前に。

健全なる精神は 健全なる身体に宿る

ってことなんですね。


ブログ主さんは、「自身の経験を世の中に発信することが義務」とおっしゃっています。
金もうけ目的のサイトや医者や製薬会社や栄養療法だらけの中、こういった人材は貴重です。

PTAをやり遂げるためにも、なんとしても「健全なる身体」を取り戻さなくては!!

もし
このサイトを見て実践した方がいらっしゃいましたら、ぜひ意見聞かせてください!!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

たそがれ

ベンゾジアゼピン アルプラゾラム(ソラナックス)4年の服薬歴を経て、減薬からの断薬に向けて日々試行錯誤しているアラフォー男の魂の記録です

最新情報

カテゴリー